よしたく blog

ITエンジニアとして自分が知らなかったことをまとめています

【Python】itertoolモジュールのpermutations関数を使って順列を作る

itertoolモジュールのpermutations関数を使うと、簡単に順列を作ることができる。 permutationはなかなか見慣れない英単語だが、「順列、交換、置換、並べ換え」といった意味がある。パッと思い出せるぐらいには覚えておくと良さそう。

今回はpermutations関数を実行し、使い方や動きを確認する。

前提条件

Google Colab上で確認

このときのバージョンはPython 3.7.12

実行

エンジニアに親しみのあるプログラミング言語についてのランキングを作成する例とした。 permutations関数はiterableオブジェクトを引数に取る。そのため、language変数に3つの言語名を入れたリストを渡している。 これだけで順列を作成できる。

Python

language = ['Python', 'Ruby', 'Go']

import itertools
list(itertools.permutations(language))
[('Python', 'Ruby', 'Go'),
 ('Python', 'Go', 'Ruby'),
 ('Ruby', 'Python', 'Go'),
 ('Ruby', 'Go', 'Python'),
 ('Go', 'Python', 'Ruby'),
 ('Go', 'Ruby', 'Python')]

テーブル形式に変換すると、下記と同じデータになっている。

1位 2位 3位
Python Ruby Go
Python Go Ruby
Ruby Python Go
Ruby Go Python
Go Python Ruby
Go Ruby Python

permutations関数の2つめの引数に、これは取り出したい個数を入力する。今回は2と入力する。 指定することで ['Python', 'Ruby', 'Go']の3つの中から2つだけ取り出したいことを実現することができる。

language = ['Python', 'Ruby', 'Go']

import itertools
list(itertools.permutations(language,2))
[('Python', 'Ruby'),
 ('Python', 'Go'),
 ('Ruby', 'Python'),
 ('Ruby', 'Go'),
 ('Go', 'Python'),
 ('Go', 'Ruby')]
1位 2位
Python Ruby
Python Go
Ruby Python
Ruby Go
Go Python
Go Ruby

ちなみに、元の要素より大きい数を指定すると、空のオブジェクトが返る。 空のリストが表示されているのは、list関数で囲んでいるからである。

language = ['Python', 'Ruby', 'Go']

import itertools
list(itertools.permutations(language,4))
[]