Maker Faire Tokyo 2018に行ってきました

f:id:yoshitaku_jp:20180810005720j:plain


はじめに

8月4日にMaker Faire Tokyo 2018に行ってきました! ちょっと鮮度が落ちていますし、写真を上げるだけにしたいと思います…

出店者の方の興味深いブログとか toboli.hatenablog.com

もっとまとめてくださっている、からあげさんの記事が面白かったです! karaage.hatenadiary.jp

久々にIoTとか作品を作ってみたいなーと思いました。

ここから写真です

f:id:yoshitaku_jp:20180810005732j:plain

f:id:yoshitaku_jp:20180810005755j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810005744j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810005818j:plain

f:id:yoshitaku_jp:20180810005855j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810005831j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810005843j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810005916j:plain

f:id:yoshitaku_jp:20180810005933j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010044j:plain

f:id:yoshitaku_jp:20180810010111j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010137j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010151j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010202j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010218j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010241j:plain

f:id:yoshitaku_jp:20180810010254j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010308j:plain

f:id:yoshitaku_jp:20180810010336j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010349j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010414j:plain

f:id:yoshitaku_jp:20180810010441j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010453j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010505j:plain

f:id:yoshitaku_jp:20180810010535j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010548j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010601j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010639j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010615j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010627j:plain

f:id:yoshitaku_jp:20180810010748j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010722j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010735j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010759j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010812j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010827j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010841j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010903j:plain

f:id:yoshitaku_jp:20180810011009j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810010951j:plain

f:id:yoshitaku_jp:20180810011021j:plain f:id:yoshitaku_jp:20180810011032j:plain

7月を振り返って

f:id:yoshitaku_jp:20180729002025p:plain

目次

  1. はじめに
  2. 7月やったこと
    • 週1回ブログを更新する
    • 毎月ひとつ新しいことをやるプロジェクト2018年7月版:中国語
    • FacebookInstagramをやめました
  3. まとめ
  4. 過去の振り返り

はじめに

7月の活動を振り返ってみます。先日6月を振り返ったばかりなのに… あと、読んでもらえるの嬉しいけど、読んでるよって言われるとなんか恥ずかしいですね。けど「全然わからない」って言われるとちょっと悔しいので、もっとわかりやすく表現できるようにしようとおもいました。たとえ話を混ぜたり。

週1回ブログを更新する

yoshitaku-jp.hatenablog.com

yoshitaku-jp.hatenablog.com

yoshitaku-jp.hatenablog.com

yoshitaku-jp.hatenablog.com

yoshitaku-jp.hatenablog.com

毎月ひとつ新しいことをやるプロジェクト2018年7月版:中国語

中国語を始めてみた。英語でさえ中途半端だけど、これからのドキュメントって中国語も増えるのかななんて思ったり、職場にも外国人の方が増えてきたので、面白いかななんて。まだキクタンの準4級を単語帳にまとめて音声を聞いているだけだけど。

キクタン中国語【入門編】中検準4級レベル

キクタン中国語【入門編】中検準4級レベル

FacebookInstagramをやめました

Instagramは写真をすべてアーカイブ化して、アカウントの利用を一時停止状態にしました。 一時停止状態だと、外側からはアカウントが消された状態に見えていて、自分がログインしたら再開状態に戻るらしいです。消したように見えて、IDだけは握り続けてるって感じなのかな。

FacebookiPhoneからアプリを消しました。ブラウザからはあまり入らない派。アカウントを消せない理由は、連絡手段としてのインフラとなってしまっていることですかね。

どちらもやめた理由としては、やっぱり無駄な時間に見ることが多すぎるから。一回スマホの電源を落として仕事をしたら、捗る捗る…。まぁこんなことは自分次第なのはわかってるけど、手の届く範囲にあるかないかっていうのはでかいと思う。ゲーム機もあるとやっちゃうし、ないならやらないし。スマホのアプリをインストールしないのもこれが理由ですし。 TwitterとLINEは無理ですね。捻出した時間が、こっちに行かないことを祈る。

と言いつつ、オクトパストラベラーやりたい。ドット絵が好き…

まとめ

  • 7月を振り返りました
  • もう一回、自分がどうなりたいか、そのために何をしなければいけないかを考えようと思った。

過去の振り返り

1月 yoshitaku-jp.hatenablog.com

2月 yoshitaku-jp.hatenablog.com

3月 yoshitaku-jp.hatenablog.com

4月 yoshitaku-jp.hatenablog.com

5月 yoshitaku-jp.hatenablog.com

6月 yoshitaku-jp.hatenablog.com

#100DaysOfCode の30/100が過ぎました

f:id:yoshitaku_jp:20180730014526p:plain

目次

  1. はじめに
  2. 履歴
  3. まとめ

はじめに

100日間コードを書き続けようって、ツイッターの企画?ハッシュタグ?があったので、面白くてのっています。botからも、いいね!がきて嬉しくなります。もちろん一般のユーザからも!そして、いい具合に習慣化されていて、Githubの草を生やすのもめちゃくちゃ楽しくなってきました。これからも続けていきたいですね。

紹介してくださってありがとうございます!

kdnakt.hatenablog.com

色んな人がやっているみたいです

www.funclur.com

履歴

まとめ

全世界の人がやっているので、翻訳をかけて英語で呟いていましたが、疲れてしまったので30日目以降からは日本語で呟いています。また、まとまったら記事にしよう。ポジティブな企画に乗っかって自分のモチベーション維持に利用するのもいいかもしれません。

direnvを使って、source bin/activateを自動化する

f:id:yoshitaku_jp:20180728144033p:plain

目次

  1. はじめに
  2. tl;dr
  3. 手順
    1. インストール
    2. bashへhookを設定する
    3. .envrcの作成
    4. エラーが出たら
  4. まとめ

はじめに

Pythonの使って開発するときはvenvを使うことが多いと思います。venvを使って仮想的に開発環境を分けることによって、相互の環境で利用するライブラリをごちゃまぜにしないためです。venvが便利な半面、仮想環境を使うタイミングであったり、切り替えるタイミングであったりで、source bin/activateするのがめんどくさくなってきてしまいました。source bin/activateを自動化出来ないものか考えているうちに、便利なツールに巡り会えたのでブログに書いておきます。

以前巡り合った便利ツールはこちら

yoshitaku-jp.hatenablog.com

tl;dr

  • Go製のdirenvを使うよ
  • これでsource bin/activateを自動化できるよ

手順

インストール

MacならHomebrewを使ってbrew install direnvコマンドでインストールできます。

bashへhookを設定する

~/.bashrcへ、direnvを使うよという指示を与えておきます。 2行目以降は、仮想環境の名前を()付きで表示するために必要な設定です。

eval "$(direnv hook bash)"
show_virtual_env() {
  if [ -n "$VIRTUAL_ENV" ]; then
    echo "($(basename $VIRTUAL_ENV))"
  fi
}

PS1='$(show_virtual_env)'$PS1

設定を反映させる

source ~/.bashrc

.envrcの作成

.envrcを作成する前に、エディターを設定しておきます
export EDITOR=vim

source bin/activateしている、ディレクトリに移動して

direnv edit .

を実行、vimが起動します。

source bin/activate

を記述して完成。

cdコマンドで.envrcファイルのあるディレクトリに移動すると、 無事、自動的に仮想環境に入れる!

エラーが出たら

direnv: error .envrc is blocked. Rundirenv allowto approve its content.

はエラーにある通り、direnv allowを実行して、direnvの実行を許可しましょう。

まとめ

  • source bin/activateを自動化することが出来た
  • 地味にめんどくさかったから嬉しい

吉祥寺.pm15 に参加してきた!!!

f:id:yoshitaku_jp:20180728160331p:plain

目次

  1. はじめに
  2. TL;DR
  3. 発表資料
  4. まとめ

はじめに

2回目の参加になりました吉祥寺.pm。

kichijojipm.connpass.com

前回の14回も面白かったのですが、今回はそれをさらに超えてきましたね。参加者のバリエーションがすごすぎるでしょうと…。堅苦しくない感じで笑いもたくさん起き、こういう勉強会いいなぁって。これからも参加していきたいって気持ちになりました。

先にまとめてくださったので資料へのリンクがたどりやすかったです。ありがとうございます! kawahara-ci.hatenablog.com

TL;DR

  • キチピー最高だなぁ
  • 今回はあまりメモを取らないで、耳を傾けた
    • その場の空気感含め印象に残るので、個人的にはすごくあっていると思った
    • 発表の区切りごとにツイートして、メモしていくスタイルを今度は使ってみよう。
      • 資料を読み返しながらコメントを少し挟んだけど、疲れてしまった
  • 懇親会は不参加にして残念だったので、次は行きたい

発表資料

speakerdeck.com

  • 自身の領域外に存在するナレッジの獲得
    • 知らないことで、機会を失う
    • 知らないことで、課題を抱える
      • 知ることで本質に注力できる *発信するメリット
    • 検討・検証→言語化
    • 個人・個性の発露→体外な存在感の演出
    • フィードバックの獲得
      • 自身に対する直接的な成長機会 *社外に発信するメリット
    • 組織に依存しない主体の構築
    • 情報の鮮度の維持
    • 組織押しての個性の獲得
  • 勉強会活動は個人の成長を通じて組織の成長を助ける *チーム内テックトークの開催

大変参考になりました。自分の中のことをすごく整理してくれた感じ。チーム内テックトークいいですね。早速社内の人に声をかけてみています。


soudai.hatenablog.com

そーだいさんの話を聞いて身近に感じたので、早速Tポイントを募金した。 夏休みには、四国に行く予定なので、被災された地域周辺にも足を運んで、飲んだり食べたりして貢献していきたい。


speakerdeck.com 「技術者通しで交流するのは」が、ふむふむそうだよなぁと思いながら聞いていました。どこの場でも謙虚と尊敬を忘れないの大切です。


hkoba.github.io


slides.com


speakerdeck.com


speakerdeck.com


speakerdeck.com



speakerdeck.com


speakerdeck.com

まとめ

  • 次は、吉祥寺.pmと沖縄.pmが合同で六本木開催だそうです!(ちょっと何言ってるかわからない
  • Perl全然わからないのに参加しちゃってるけど、次も行っていいのだろうか…
  • これからも楽しみにしています!

6月を振り返って

f:id:yoshitaku_jp:20180726014433p:plain

目次

  1. はじめに
  2. tl;dr
  3. 週1回ブログを更新する
    1. はじめてのホッテントリ
  4. 毎月ひとつ新しいことをやるプロジェクト2018年6月版:
  5. まとめ
  6. 過去の振り返り

はじめに

6月の活動を振り返ってみます。(今更

tl;dr

  • 6月を振り返りました
  • ホッテントリ入ったのが最高に嬉しかった!!!

週1回ブログを更新する

yoshitaku-jp.hatenablog.com

yoshitaku-jp.hatenablog.com

yoshitaku-jp.hatenablog.com

yoshitaku-jp.hatenablog.com

yoshitaku-jp.hatenablog.com

はじめてのホッテントリ

ありがとうございます!!!はてなブログに移って、すぐ入れてよかったです。嬉しい!とりあえず、自分の実績一つ解除!

yoshitaku-jp.hatenablog.com

毎月ひとつ新しいことをやるプロジェクト2018年6月版:

なにもやってなかった。 こっちは反省。

まとめ

  • 6月を振り返りました
  • ホッテントリ入ったのが最高に嬉しかった!!!

過去の振り返り

1月はこちら yoshitaku-jp.hatenablog.com

2月はこっち yoshitaku-jp.hatenablog.com

3月はこっち yoshitaku-jp.hatenablog.com

4月はこちらです yoshitaku-jp.hatenablog.com

5月はこちらです yoshitaku-jp.hatenablog.com

Beautiful Soupでhtmlファイルを開こうとするときに出るエラー

目次

  1. はじめに
  2. エラー解決

はじめに

Beautiful Soupを使うときはwebのページをスクレイピングするときが多いと思うが、htmlファイルを開きたいときにエラーが発生したのでメモ。

エラー解決

Beautiful Soupを使って、htmlファイルを開こうとする。

hoge_html = "hoge.html"
bsObj = BeautifulSoup(hoge_html, "html.parser")

こんなエラーが出る。 "hoge.html" looks like a filename, not markup. You should probably open this file and pass the filehandle into Beautiful Soup.

エラーにも書いてあるが、これはファイルのパスを指定してBeautiful Soupに投げているだけなので、

filename = "hoge.html"
hoge_html = open(filename,'r')
bsObj = BeautifulSoup(hoge_html, "html.parser")

ファイルをオープンして再度投げればうまくいきます

レジェンドトレイル17に出資しました

はじめに

技術ブログのつもりなので、一口馬主の話題は乗せるか迷ったんですが、記事を書いてないのにブログを分けるか悩むのってナンセンスだなと思ったので、とりあえず書きます。

今年はレジェンドトレイルの2017に出資しました。 db.netkeiba.com

父はキンシャサノキセキですし、短距離で活躍したら嬉しいです。 ちょっとした趣味でやっていますし、なかなか高い金額は出せないので、 王道は目指さずマイナーな路線でわが道を突き進んでほしい! 栗東の安田厩舎なので、直接見れる機会は少ないかもしれませんが来年が楽しみです。

カードも来ました

自分とレッドパラスと同じ誕生日、よろしくねー

Djangoのtemplatesを一つにまとめる

f:id:yoshitaku_jp:20180711100334p:plain

目次

  1. アプリケーション配下にtemplatesフォルダを作る
  2. アプリケーションを追加したときに、またtemplatesフォルダを作るか悩む…
  3. プロジェクト配下にすべてのアプリケーションのtemplatesフォルダをまとめたものを作れば解決
    1. プロジェクト配下にtemplatesフォルダを作成する
    2. setting.pyの設定を変える
  4. 余談

DjangoPythonのWebアプリケーションフレームワークです。いろいろできるので一番人気かな?他にもflaskがありますね。

Django(ジャンゴ)は、Pythonで実装されたWebアプリケーションフレームワーク。(中略)Django の第一の目的は、複雑なデータベース主体の Web サイトの構築を簡単にすることである。Djangoコンポーネントの再利用性と'pluggability'、素早い開発、DRY (Don't Repeat Yourself)の原則に力点を置いている。ファイルやデータのモデルにいたるまで、Python が一貫して用いられている。

wikipediaより

アプリケーション配下にtemplatesフォルダを作る

Djangoでは、htmlファイルが入っているtemplatesフォルダを各アプリケーションの下に配置することがあるかと思います。

例では「groups」アプリケーションの配下でtemplatesを使っています。(わかりやすくするために、必要ではないディレクトリは大幅に削除しています。

.
├── README.md
├── config
│   └── 略
├── db.sqlite3
├── groups
│   ├── __init__.py
│   ├── admin.py
│   ├── apps.py
│   ├── forms.py
│   ├── migrations
│   │   ├── 0001_initial.py
│   ├── models.py
│   ├── tests.py
│   ├── templates
│   │    ├── base.html
│   │    └── groups
│   │       ├── detail.html
│   │       ├── index_page.html
│   │       ├── list.html
│   │       └── regist.html
│   ├── urls.py
│   └── views.py

アプリケーションを追加したときに、またtemplatesフォルダを作るか悩む…

自分の場合は「groups」アプリケーションの他にログイン機能を使う「accounts」アプリケーションを開発途中で追加しました。このタイミングで再びtemplatesフォルダを「accounts」アプリケーションの配下に作るのが嫌でした。

.
├── README.md
├── accounts
│   ├── __init__.py
│   ├── admin.py
│   ├── apps.py
│   ├── migrations
│   │   └── __init__.py
│   ├── models.py
│   ├── tests.py
│   ├── urls.py
│   └── views.py
├── config
│   └── 略
├── db.sqlite3
├── groups
│   ├── __init__.py
│   ├── admin.py
│   ├── apps.py
│   ├── forms.py
│   ├── migrations
│   │   ├── 0001_initial.py
│   ├── models.py
│   ├── tests.py
│   ├── templates
│   │    ├── base.html
│   │    └── groups
│   │       ├── detail.html
│   │       ├── index_page.html
│   │       ├── list.html
│   │       └── regist.html
│   ├── urls.py
│   └── views.py

プロジェクト配下にすべてのアプリケーションのtemplatesフォルダをまとめたものを作れば解決

プロジェクト配下にtemplatesフォルダを作成する

なので、プロジェクト配下にtemplatesフォルダを作成し、 「base.html」を共通化し、さらに各アプリケーションごとのフォルダを作ってオリジナリティーのある画面を作っていきます。加えて、setting.pyの中も書き換えます。このプロジェクト配下のtemplatesフォルダを見てくれよーって設定にします。

.
├── README.md
├── accounts
│   ├── __init__.py
│   ├── admin.py
│   ├── apps.py
│   ├── migrations
│   │   └── __init__.py
│   ├── models.py
│   ├── tests.py
│   ├── urls.py
│   └── views.py
├── config
│   └── 略
├── db.sqlite3
├── groups
│   ├── __init__.py
│   ├── admin.py
│   ├── apps.py
│   ├── forms.py
│   ├── migrations
│   │   ├── 0001_initial.py
│   ├── models.py
│   ├── tests.py
│   ├── urls.py
│   └── views.py
└── templates
    ├── base.html
    ├── groups
    │   ├── detail.html
    │   ├── index_page.html
    │   ├── list.html
    │   └── regist.html
    └── registration
        └── login.html

setting.pyの設定を変える

setting.pyのTEMPLATESの項を探してください。

TEMPLATES = [
    {
        'BACKEND': 'django.template.backends.django.DjangoTemplates',
#        'DIRS': [], ここを
        'DIRS': [os.path.join(BASE_DIR, 'templates')], # こうする
        'APP_DIRS': True,
        'OPTIONS': {
            'context_processors': [
                'django.template.context_processors.debug',
                'django.template.context_processors.request',
                'django.contrib.auth.context_processors.auth',
                'django.contrib.messages.context_processors.messages',
            ],
        },
    },
]

以上で、Djangoのtemplatesを一つにまとめることができます。 お疲れ様でした。

余談

各アプリケーションの配下にtemplatesフォルダを作成するのにも利点があります。 対象のアプリケーションを別のプロジェクトで使いたいときです。 ときに意識せず、そのままコピーしていけます。

ブラウザからGithubリポジトリにフォルダを作成する

Githubはブラウザからだとフォルダーを作成できなくて不便だなぁと思っていたのですが、作成する方法があったので書いておきます。しかし、フォルダだけを作成することはできないようで、ファイルも作ることが前提のようです。

Create New Fileをクリックします f:id:yoshitaku_jp:20180704142102j:plain


ファイル名の入力欄に…

f:id:yoshitaku_jp:20180704142114j:plain

作りたいフォルダの名前を入力して…

f:id:yoshitaku_jp:20180704142116j:plain

「/」スラッシュを押すとフォルダができます

f:id:yoshitaku_jp:20180704142122j:plain

あとは、ファイルを作成して、コミットすれば完成

f:id:yoshitaku_jp:20180704142125j:plain

「folder」フォルダの下に、「file」ファイルができました 分かりづらい名前にしてしまったことは反省している

f:id:yoshitaku_jp:20180704142130j:plain

「file」ファイルを削除したら、「folder」フォルダも削除されたので、フォルダだけ作成するのは難しいのかなって思っています 分かりづらい名前にしてしまったことは反省している f:id:yoshitaku_jp:20180704142137j:plain

ササッとリポジトリを作って試したいときにどうぞ。