よしたく blog

ITエンジニアとして自分が知らなかったことをまとめています

SSMS: 「変更の保存が許可されていません。」エラーを回避する

SQL Server Management Studio(以下SSMS)で、「変更の保存が許可されていません。おこなった変更には、次のテーブルを削除して再作成することが必要になります。再作成できないテーブルに変更を行ったか、テーブルの再作成を必要とする変更を保存できないようにするオプションが有効になっています。」というエラーが出た。

最初はテーブル側の権限設定が足りないと思っていたが、SSMS側で回避できることもわかり、そのやり方をメモしておく。

発生したタイミング

まずは、自分が発生したタイミングについて書く。 まずは最初にテーブルを作成した。

f:id:yoshitaku_jp:20210314120738p:plain

次にデータ型を変更する必要が出てきたため、変更を実施し保存しようとした。

f:id:yoshitaku_jp:20210314121549p:plain

しかし、その後「変更の保存が許可されていません。おこなった変更には、次のテーブルを削除して再作成することが必要になります。再作成できないテーブルに変更を行ったか、テーブルの再作成を必要とする変更を保存できないようにするオプションが有効になっています。」エラーが発生した。

f:id:yoshitaku_jp:20210314121610p:plain

解決するための設定

まずはタブから「ツール」->「オプション」をクリックする。

f:id:yoshitaku_jp:20210314121654p:plain

「オプション」のウィンドウで、「デザイナ」に移動する。その後「テーブルの再作成を必要とする変更を保存できないようにする」にチェックをする。 これで完了となる。

f:id:yoshitaku_jp:20210314121650p:plain

注意するべきところ

今回は調査段階での部分だったので良かったが、SSMS側で変更を制御していた部分をゆるくすることでもあるので、テーブル操作については引き続き注意してやっていきたい。