Google Apps ScriptからFirebase Realtime Databaseに書き込んでみる

f:id:yoshitaku_jp:20181227022440p:plain

目次

tl;dr

  • GoogleAppsScriptからRealtime Databaseに書き込んでみた

環境の説明

  • GoogleAppsScript
  • Realtime Database

を使います

内容

GASにライブラリを追加する

GASにRealtime Databaseが使えるようにライブラリを追加します。

リソースを選択肢、ライブラリをクリック

f:id:yoshitaku_jp:20181227020646p:plain

ライブラリを追加の空欄にMYeP8ZEEt1ylVDxS7uyg9plDOcoke7-2l を入力し、追加ボタンをクリック

f:id:yoshitaku_jp:20181227020657p:plain

バージョンを選択し、保存(2018/12/26現在29)

f:id:yoshitaku_jp:20181227020708p:plain

以上です!

マニフェストファイルをいじる

「表示」→「マニフェストファイルを表示」をクリックします

f:id:yoshitaku_jp:20181227020813p:plain

"oauthScopes":["https://www.googleapis.com/auth/userinfo.email","https://www.googleapis.com/auth/firebase.database","https://www.googleapis.com/auth/script.external_request"]

appsscript.jsonの末尾に追加します

f:id:yoshitaku_jp:20181227020833p:plain

実際に書き込んでみる

var token = ScriptApp.getOAuthToken();
var fb = FirebaseApp.getDatabaseByUrl("https://YOUR-REALTIME-DATABASE.firebaseio.com/", token);  
fb.setData('path/name' , `hoge`);

デモ

f:id:yoshitaku_jp:20181227012145g:plain

まとめ

  • GoogleAppsScriptからRealtime Databaseに書き込むことができた
  • Vueから操作するときとは違うので注意が必要
  • GoogleAppsScriptはSpreadsheetなどとも相性が良いのでいろいろできそう