Carbonを使って、プレゼン資料のソースコードをきれいに見せよう

f:id:yoshitaku_jp:20190221165834p:plain

Carbonとは

Carbonとはソースコードをきれいな画像として作成しシェアすることのできるサービスです。プレゼン資料でソースコードをきれいに見せたい時に使えます。今のところ同じようなサービスは見つけられておらず、他にソースコードをきれいに見せるテクニックが自分では思いつかないのでCarbonを利用する一択となっています。

使い方

Webサイトにアクセスし、ソースコードを打ち込むか、ファイルをドラッグアンドドロップすることで利用できます。プレゼン資料に載せるということもあり抜粋したコードを使うことが多く、今回はソースコードを打ち込み方法で画像をつくってみます。

f:id:yoshitaku_jp:20190221100857p:plain
JavaScriptのデフォルトの画面

では、画像として保存してみます。 右上にあるExportをクリックします。

f:id:yoshitaku_jp:20190221165334p:plain

Save asPNGを選びます。

f:id:yoshitaku_jp:20190221165338p:plain

これで保存できました。 実際に作成されたものは下記のものです。きれいに作成されました。

f:id:yoshitaku_jp:20190221165610p:plain

Carbonを使って、プレゼン資料のソースコードをきれいに見せましょう!

おしまい。